17th September ,2005

庭師という職業との出逢い。。。

高校卒業後、バイク屋を開きたくて大学の工学部に進む。
・・・が、そのころはまっていたブリティッシュバイク以外はいじりたくない自分に気づいた事と、教科書から学ぶ事の物足りなさを感じ、バイク屋の道を諦める・・・これが大学入学1ヶ月後のこと。。。

その後2年間は、遊びまくりました。

そんなある日、自分の将来に不安を感じ始める。。。
このままでは駄目だ。なにか、自分のやりたい事をみつけなければ・・・
教科書からでは熱中できない自分を発見した為、もう職人になるしかないと思い、まず思ったのが、『大工さんになろう』でした。

とりあえずバイトで探してみようと、職安にいったり多方面でも探しているうちに、なぜか庭師の親方と出会いました。「バイトしてみんか?」と言われ、私の庭師人生が始まりました。
バイト初日に、すでにはまってしまい、これは私の天職だと思いました。

それにはある理由があった。
子供のころの出来事だった。。。

自分の命を救ってくれた樹木と同じ種類の樹がそこに育っていたのです。

「おれはこの樹に命を救われた・・・今度はおれがこいつらを守る番かもしれん・・・」

何かそんな気がしたのです。。。

きっかけって、何がどうなるかわからないもんですね・・・

17th September ,2005

blogを始めた理由。。。

日々の生活の中で感じたことや、仕事の事をお話しすることで、少しでも作庭家、庭師という仕事を皆さんに知っていただければと思います。

職人は、あまり自分の仕事の事を話したがりません。
口で表現するのが苦手なんだと思います。でも私は、それではまずいと思っています。世の中に庭に関わる仕事に就いている人はたくさんいます。ただ、どこまで情熱を持ち、いいものを作りだそうとしているのかはまったくわかりません。
なんとなく形になればいいと思っている人が結構多く、またニーズにも合ってしまっているのです。腕がなくても口で仕事がてしまう。

これだけの情報社会でも自分の知識は微々たるもんです。クライアントの皆さんがいろんなものを見て、いろんなパターンの庭があることを知ってその上で納得できればいいのですが、そうばかりではないように思います。

庭は作庭者によって、また管理する人によってまったく姿を変えてしまいます。
私にできる事は、地道に思いを伝え、作ったものを見せ、そうすることで少しでも多くの人に私の仕事を見ていただくことだと思いました。頑張るんなら一人でも多くの人に見てもらおう・・・微々たる力だが・・・
それが、ブログを始めた理由です。。。

1 12 13